So-net無料ブログ作成
検索選択

文学賞応募が目指すところ

9月26日締め切りの「木山捷平短編小説賞」の応募作品を、きのう投函した。

つぎなる目標は、11月30日締め切り、50枚以内の「室生犀星文学賞」。
過去の受賞作は読んだことはないけれど、一応、室生犀星の小説、「杏っ子」と「かげろふの日記遺文」をアマゾン注文した。
23日、到着予定。


しかし、とおもう。

この世に存在する文学作品(文学だけとはかぎらないが)は、すべて、ひとつ残らず「誰か」が書いたものである。それならば、すべての作品はその作者の「刻印」を捺されていることになる。
現に、『夜明けの家』の帯には、「古井文学の到達点!」という文言が刷られている。
「自称」ではなく、人から「誰誰文学」といわれるようになることが、一流の証しなのか?

そういう意味でも、「木山」とか「室生」とか個人名のついている「傾向」のありそうな「文学賞」より、文芸誌が主催している「新潮」、「群像」、「文学界」といった「文学賞」のほうがやはりレベルが高いのかもしれない・・・。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

replica breitling bentley

それは素晴らしい議論です。私が仕事を理解するために好むと思いますプラスするので、この関連付けることができますに伝えるためにしたいでしょう。

by replica breitling bentley (2011-09-28 12:20) 

hiroshi

replica breitlling bentley さん

ぜひとも、読みつづけていただければ、と思います。
よろしくお願いします。
by hiroshi (2011-10-05 00:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。