So-net無料ブログ作成

どこで「読む」のか

「読む」という行為はまず、「目」あるいは目の不自由な人の場合は「指」で点字をたどることから始まる。

それが「脳」に伝わり、さらにときとして「心」にまで伝わる。

一方、これは「本を読む習慣」のある人なら、誰しも経験していることだと思うが、「一度しか読めない本」と「繰り返し何度でも読める本」というのがある。
どちらも「心」に届く可能性は持っている。

ぼくも6日前に55歳になったが、年を取ると「何度でも読み返して」いるうちに、こちらの「読み方」にも変化が出てきて、自分で新たな自分を発見するような気にさせられることもある。

これは、ある意味で、「読む」という行為によって「過去の自分」が「現在の自分」に何かを「与えている」と考えられるのではないかと思った。
こうした考え方の基底には、「心は一個人だけの所有物などではない」、という認識が潜んでいるような気がする。
タグ: 再読
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

ak

日記を読みにきていただいて、コメントまでいただき、ありがとうございました。

書かせていただいたお返事と一部重なってしまいますが、
最近ブログを再開して使い方がまだよくわからず、様々な方が、色々な記事をかいていらっしゃるな…と、色々なカテゴリーをみてまわっていました。

あまり繰り返し同じ本を読んだ経験がなく、
友人のお子さんが小説でも何度も読み返し、その度に感じ方が違うと言っている…という話をしたことがあり、

>、「読む」という行為によって「過去の自分」が「現在の自分」に何かを「与えている」と考えられるのではないかと思った。

に、なるほど。。。と思った次第です。
by ak (2011-12-11 13:40) 

hiroshi

akさんへ

いただいたコメントに気づくのが遅れてしまい、申し訳ありません。
たしかakさんも、英語の勉強方法として「多読」ということをいわれていた、と思いますが、日本語の場合もおなじで、同じ本を繰り返し読んでいると「日本語の語彙力」も自然と付いてくるのです。

akさんも、繰り返し読みたくなる英語の本に出合えるよう、願っています。
by hiroshi (2011-12-14 00:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。