So-net無料ブログ作成

仕事としての文学

「相互理解」を諦めている、あるいはそれを期待していない種類の人を相手に、ぼくは何を為し得るか。

「文学をする」かぎり、その「対象」とはなり得ない種類の人たちがいることをしっかりと認識し、必要に応じてそうした人たちを対象から排除することが「仕事という意識のうえに立って文学をする」ということなのだろう。

「表現力と表現の無力さの認識は相携えて深まるようだ。この二つのものはどうやら本来一つのものらしい」
という古井由吉のことばを、きょう(2012年1月7日・土曜日)になtって、ぼくは初めて上記のように理解した。

しかし、どのような仕事においても、「仕事人間」になってはいけない。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。