So-net無料ブログ作成
検索選択

好きな描写

漱石著「明暗」から、主人公の津田が夜の伊豆の鄙びた駅に降りたときに、視界に映るもの寂しくも幻想的な「ぼんやり黄色く灯る街灯など」の部分。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

自分の脚で立つ「表現」

「書くことがあるうちはまだ駄目なのだと以前から考えている。書くことが思い当たるうちは、表現はまだほんとうに真剣でない。」
(古井由吉「力の世界にあること」より)

上記は「表現が自力で息をすること」への「希(ねがい)」を表白したものと思う。
「書き手が真剣でない」と言わずに、「表現が真剣でない」というところに注目したい。
「表現が真剣なものになる」ことの前提として、「書き手のうちに書くことがない」という認識ないしは条件が示されている。そうした環境では、「言葉が紡がれる速度」はひじょうにゆっくりとしたものとなるだろう。「表現が生まれる速度」が「生きる速度」に一致するという体験には、かすかな陶酔感が流れ込んでくることだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

先達の考え

「しかし作家はいずれどこかで、白紙に向うようにして、描写の要請に立ち向うところに来る。むろん誰が要請するわけでもなく、ほかならぬ自分の書きすすめてきた小説が要請するのだ。その時、描写というのはかなりいかがわしい性格を帯びる。つまり、対象をいきいきと思い浮かべようとすることと、それを綿密に描こうとすることとが、相前後してではなく、同時に、相携えて行なわれる。描きながら、描く対象を生み出していく、というところがあるのだ。」
(古井由吉「表現ということ」より)

「描写」にこそ、個々の感性が現れる、ということなのだろう。

小説を読む、とは、同質の感性を探し求める「旅路」ではないか・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「描写」に先立つもの

2つ前の記事に、「動機は、描写したい」というタイトルを付けましたが、いまにして考えれば「書く前」から「これを描写したい」というものがあったとは思えません。
1編ごとに、書く前には2、3の情景は頭に浮かんでいましたが、それだけであれだけの長さを満たすには不十分でした。書いているうちに、何かが姿を現してくる、という感じです。ここでいう「何か」とは、端的に言ってしまえば「文章そのもの」にほかならなかった、と思います。

いま、高崎直道著「大乗起信論を読む」という本を読んでいるのですが、そのなかのある節の副題に、「真実は言葉では表せない」とあるのですが、「言表に先立って真実が存在する」とは、ぼくには俄かには受け容れられないのです。

ここで「唯物」とか「唯識」とか哲学的な方向へ向かう関心はさらさらなく、「言表」をつうじて「真実を創造する」というのが「言葉」の本質ではないか、という意識を持ちながら、思索を深め、今後の「表現活動」につなげていきたいと考えています。

何かご意見のある方は、考えをお聞かせください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

励みになりました

前回の記事をアップしてから12時間あまりで、33件の閲覧があり、大変励まされました。

原稿を書いているときは、「何を言いたいのか」ということは考えなかったし、いまも敢えて考える必要はないと思っていますが、これからしばらくは、「なぜあれを書いたのか」、その動機を自分なりに見つめてみたいと思います。
その過程で気づいたことがあれば、また報告させていただきますので、よろしくお願いいたします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

書いた動機は「描写したい」

今回の記事は、前回の記事への自分なりの回答です。

1.「骨董」は、ぼく一個人にとって関心のある事柄について書いた、というのが偽らざる事実である。

2.しかし、それらの事柄は単なる「興味」ではなく、自分の実生活から滲み出てきたものである。

3.それにしても、「言い回しの揚げ足取り」、と取られるようなところも少なからずあるとは思うが、それはぼくの「読み方の癖」であり、そうした箇所は読み手としてのぼくに「表現欲求」を促すものだった。

4.それはまぎれもなく、「日本語としての表現」を要請するものであり、ぼくなりにできるだけ「内容」に迫る「表現」を追求したつもりだ。

5.その「表現」を媒体にして「内容が向こう岸に届いてくれれば」、と願うばかりだ。

6.また、個人的には「描写」に力を注いだつもりなので、そこを感じ取っていただければ幸いである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ぼくは信じる

きのう(7月24日)、母を家を訪ねたところ、母は「骨董」を「弥生浦島」まで読んでくれていたようだったが、
「この本で何が言いたいの?」と訊かれ、
ぼくは「・・・」
言葉がなかった。

しかし内心では「言いたいことがなければ書いてはいけないの?」
とも思っていた。
いまはただ、「わかってくれる人もいるはず」、と、とにかくそれだけを信じている。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

アマゾンー3

7月17日にアマゾンチェックしたときには7冊だった在庫が、きょう7月20日にチェックしたところ「在庫12冊」となっていました。
これは、「さらに売れる」と予測された結果なのかどうか、判断に迷うところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

目撃!

7月17日・日曜日。
神保町に行き、東京堂書店、三省堂書店に行き、在庫検索をしたところ、どちらも「骨董」は「在庫なし」。

そこで新宿に行き、紀伊国屋本店で在庫検索をしたところ「あり」だったのですが、実際に棚に行ってみると並んでいませんでした。
ならば、と紀伊国屋書店・新宿南店に行くと、在庫検索の結果は「あり」。いざ、書棚に行くと次の記事の写真のとおり、辻原登さんのとなりに並んでいました。本が「ひとり立ち」していってくれれば、と思いました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。