So-net無料ブログ作成
検索選択

お知らせ

2011年の自費出版にまつわる経験の記述から出発し、出版後も書きつづけてきた当ブログですが、年も改まり、いつまでも「本という形にした」という余韻にひたってもいられませんので、次なる具体的な一歩を踏み出そうと思っています。
つきましては、その作業に集中できるよう、当面ぼくのこのブログを休止させていただくことにしました。
折に触れ、「ぜひ発信したい体験」などがありましたら、その都度投稿いたします。

「読者登録」をしてくださった「かよ湖さん」をはじめ「nice」や「コメント」をくださった方はもちろん、すべての閲覧者のみなさんに深く感謝しますとともに、気まぐれな再開をお待ちいただけるよう、おねがいいたします。

ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

仕事としての文学

「相互理解」を諦めている、あるいはそれを期待していない種類の人を相手に、ぼくは何を為し得るか。

文学をする」かぎり、その「対象」とはなり得ない種類の人たちがいることをしっかりと認識し、必要に応じてそうした人たちを対象から排除することが「仕事という意識のうえに立って文学をする」ということなのだろう。

「表現力と表現の無力さの認識は相携えて深まるようだ。この二つのものはどうやら本来一つのものらしい」
という古井由吉のことばを、きょう(2012年1月7日・土曜日)になtって、ぼくは初めて上記のように理解した。

しかし、どのような仕事においても、「仕事人間」になってはいけない。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

魂の無人島

無人島に一人で暮らしていたら、「自分の生の終焉」がそのまま「人類の滅亡」と等しく感じられるときがあるのではないか。

表面では「絆」ばぢちううばがら、実質的には「生き残り社会」である日本の現実のなかで暮らす人々は「魂の無人島」に生きているも同然ではないか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

言葉と真理

「言葉」と「真理」は相互独立的に存在し得るものだろうか。

もしかしたら「言葉化」されたものが、発せられると同時に「真理の座」を占めてしまうのではないか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

好きなもの

「好きなもの」を見つけることが、なぜ大事なのか。

それは「ストレス発散になるから」というようなことではない。
それは「義務でやること」とは根本的に異なる「ものごとのやり方」を知ることができるからである。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ウォーミングアップ

1月4 日、快晴
6日からの始動に向けて自然からのエネルギー補給も十分に、意欲もゆっくり充ちてきている。

自然

1月2日から伊豆高原旅行に来ている。
夕方入った大浴場からは、東京よりいくぶん遅い夕暮れが見られた。
自然のなかで暮らしたい。

想定外

「内」が「外」へ溢れ出してきている。

ある世代の作家たちをひと括りにして、ある「呼称」をあたえる。
その最後の例となった「内向の世代」。

その人たちた四十年にわたって積み重ねてきたものが、いま溢れ出してきている。

が、それはかれらの意思によるのではない。

ただ、かれらを囲んできた桶が壊れてしまったのだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

冬来たりなば、春遠からじ

「生来たりなば、死遠からじ」

大事な仕事に、今年を生きて取り組む。

いずれ死ぬことなど忘れ、夢中になって。
タグ:仕事
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。