So-net無料ブログ作成
検索選択

営業活動ー2

長野に来て2週間が経ちました。

小さな町ですが、まだすべてを歩きつくしたわけではないので、あまり通ったことのない道を歩いていたら、長野日報の支局を見つけました。

さっそく入って話を聞いたところ、長野日報にも書評欄があるとのことで、「骨董」を受け取ってくれることになり、すぐに届けました。

その際、やや詳しい経歴を訊かれ、自分の本を持った写真を撮られました。

このところいろいろな機会に恵まれているので、少しでも成果が出れば、と思っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

営業活動

4月25日の夜、お寿司屋さんで呑んでいたら、大澤孝征先生が入ってこられた。
先生も人の案内で来店されたようだったのだが、お互いにカウンターに隣り合わせに坐り、いろいろと話も弾んできたところで、ぼくが「骨董」の書評を載せてくれた「ダ・ヴィンチ」2011年10月号を持ち合わせていたことを思い出し、「よろしかったら先生の事務所宛てに1冊贈らせていただきます」とお話ししてみたら、名刺を交換していただいた。
もし、どこかで少しでもぼくの本に触れるお話をしてくれれば、効果絶大だろうと期待している。
タグ:大澤孝征
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日本語教室

リモートオフィスで仕事をする見通しが立ったので、甲信地方に部屋を借りました。

その地で、そこに住んでいる外国人に日本語教える、というヴォランティアがあったため、さっそく参加させてもらうことにしました。
4月20日・金曜日はぼくにとって2回目の授業の日で、その日から来始めた18歳のフィリピン人の青年の担当になりました。
彼は2013年5月まで日本に滞在し、その後、フィリピンにもどって大学教育を終了し、卒業後はふたたび日本に来て働きたい、という明確な目標をもっているため、やる気も十分で非常に教え甲斐があります。

ぼく自身の創作も続けていきますが、ライターとしての仕事のほかにも、地域との交流を大切にして、新たな生活をたのしんでいきたいと思っています。

脱稿

図書館からは、反応はありませんでした。

でも、4月1日に、「文学界新人賞」に応募予定の作品を脱稿しました。

そこそこ自信はあるのですが・・・

まあ、結果はどうあれ、「書くこと」は続けていきますので、みんな、頑張りましょう!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。