So-net無料ブログ作成

単行本化

きのうの記事にも書いたが、古井由吉の新刊『蜩の声』が出た。
そこで、前作『やすらい花』とちょっと比較をしてみた。

表題          表題作         雑誌連載最終月       単行本化

やすらい花      最終作         2009年8月号        2010年3月

蜩の声        8作中、3作目     2011年8月号        2011年10月


ひと目見て、『やすらい花』の単行本化に時間がかかっていることがわかる。
それ以前の作品にくらべ、これは例外的だった。

来年あたりには、新たな連載が始まるのでは、と期待が高まる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。